愛指南指南

モテる男を落とすためには、男の恋愛心理をしっかり理解し、男心と男性心理を揺さぶって恋の駆け引き上手なモテ女性になろう

Menu ▼
男を落とすためには、男の恋愛心理を理解しよう
男心をさらに読み取り男を落とす恋愛テクニック
男を落とすためには、素敵な出会い作りが大切
彼を落とすためには、デートで彼の心を惹きつけよう
男の恋愛心理を利用し恋を引き寄せよう
恋愛テクニックで駆け引き上手になり彼を落とそう
彼を落とすには恋愛を長続きさせることが大切
彼を落としても男性選びに失敗しては恋の負組
男を落とすには恋愛の手順を踏み真剣にさせよう
一度破れた恋の復縁や復活愛の可能性
男と女の大人としての恋愛の心得
男を落とすためには、男の恋愛心理を理解しよう
男心をさらに読み取り男を落とす恋愛テクニック
男を落とすためには、素敵な出会い作りが大切
彼を落とすためには、デートで彼の心を惹きつけよう
男の恋愛心理を利用し恋を引き寄せよう
恋愛テクニックで駆け引き上手になり彼を落とそう
彼を落とすには恋愛を長続きさせることが大切
彼を落としても男性選びに失敗しては恋の負組
男を落とすには恋愛の手順を踏み真剣にさせよう
一度破れた恋の復縁や復活愛の可能性
男と女の大人としての恋愛の心得

感情的になって恋愛に終止符が打たれた場合


彼とつい感情的なやりとりになって、彼を激怒させ、恋愛関係にすべて幕が下りてしまった場合、復活愛はあるのでしょうか。

もし、あなたが一方的に好きになっている相手であるなら、1週間程度様子を見て、その後に、「いろいろと心配事が重なっていて、つい感情的になってしまいました。ごめんなさい」とメールしてみよう。何日かして相手から連絡があれば、いいでしょうが、もしなければ、あきらめたほうが良いでしょう。



ふたりがすでに恋人関係であるなら謝罪の手紙を書くのも良策です。メールなどでは逆に怒りを買うだけです。

それでは、どんな内容の手紙にすれば良いのかといえば、次のような内容を盛り込むことです。

★自分がとった感情的な言動を反省して言葉

★彼の気持ちを傷つけてしまったことへの謝罪

★彼があなたにとってかけがえのない人であったことを再認識したこと
ただし、ここでは次のことを書いてはいけない。

★自分がどうして感情的になってしまったかの経緯

★彼の言動にも非があったことや、間違っていることを指摘すること
たとえ、どれだけ自分の言い分が正しいと思っても、これらを書いてはいけません。
自分のグチや自分の正当性を相手にいくら言ったとしても、逆に相手を怒らすだけで恋愛が復活することなどありえません。



もし、彼からあなたを責める言葉があったとしても、基本的に許してくれているなら、一切、彼の言葉に反論しないことです。

人間は、感情が支配している動物であり、「理屈が正しいから、そうする」とか、「理屈が通らないから止める」という倫理観で行動しているのではないのです。

人は理屈や道理で動いているのではなく、あくまで自分の感情が納得して動いているのです。彼もあなたもそうしているはずです。

理屈は自分の感情が納得するように、あとで感情にくっつけているだけなのです。

ですから、会社や学校での人間関係も同じで、いくら正論を言って正しかったとしても、嫌われている人がいるでしょう。これなどは理屈で好き嫌いが決まっているのではなく、感情で決めているだけなのです。

したがって、誰が正しいとか間違っているといったことよりも、相手がどう感じているか、相手にどう感じさせているかということのほうが、人間関係、とくに男女の恋愛関係では重要なのです。








一度破れた恋の復縁や復活愛の可能性
復活愛や復縁の可能性は別れた理由がポイントとなる
男が別れを切り出した以上「友だちでもいいから」は逆効果
あなたは彼のお母役さんになっていなかったですか
彼に大きな問題が直面して距離を置きたくなった場合
強く結婚を迫って別れがきた場合は復縁はほぼ不可能
早く関係を持ちすぎて彼があなたに飽きてしまった場合
正式に交際宣言をした後に振られた場合
彼の周囲に気になる彼女が出現したような場合
復縁成功のためには自分を磨いて人生を楽しむ気持ちを
不倫だけはやめておこう
感情的になって恋愛に終止符が打たれた場合






男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
大人のための心理学
大人のための血液型診断
素敵な彼の心をつかんでステキな結婚しよう
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
運気をアップして「モテ女」になろう
いい女がいい男を選ぶ時代
メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
一生お金に困らない貯め方・使い方
幸せを呼び込む宇宙の法則
おひとりさまの心構えと老後の対策

Copyright (C)2015. 男の恋愛心理を理解して好意を抱かせる恋愛指南 All rights reserved.